2008年10月4日土曜日

神奈川県の禁煙条例を断固粉砕せよ!!

神奈川県の松沢知事が、何を乱心したのか知らないが、禁煙条例なる悪法を市民に押付けようとしている。
市民自治に対する行政権力の不当介入であり、民主主義を根底から否定する暴挙だ。
かかる条例は、禁酒法以上の悪法と言わねばならない。
ファシスト松沢は、神奈川県民及び愛煙家や飲食店の猛烈な抗議に怖気づいたのか、禁煙条例の名称を曖昧にごまかしてゴリ押しを謀ろうとしている。
実に不誠実で卑劣で姑息な政治屋である。
さらに、あくまでも禁煙を市民に押付けるのが最終目的であるなどと恥もなく公然と暴言を吐いた。
神奈川県議会は、かかるファシストの妄動に与するべきではない。
愛煙家、市民弾圧に反対する非喫煙者、飲食店は、神奈川県議会の動向から目を離してはならない。
禁煙条例を許せば、針の一穴でたちまち全国を制圧してしまうだろう。
そうなってからでは、手遅れだ。
ファシスト松沢の禁煙条例を断固粉砕すべく、愛煙家はもとより市民や企業も一丸となって、禁煙条例反対の共同戦線を張ろうではないか。

Unite!!


●神奈川県議会インターネット中継
http://www.pref.kanagawa.jp/gikai/pg/g_chukei/live.htm

●神奈川県議会ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/gikai/gikai.htm

0 件のコメント: