2009年5月23日土曜日

禁煙ファシストの人権弾圧を糾弾せよ!!

東京都内や神奈川県内などで、屋外喫煙を取締ると称して訳のわからない愚連隊みたいな連中が、市民生活を不当に監視し、喫煙者を見つけると多人数で威圧的に包囲し怒鳴り声で恫喝しまくっているようだ(明らかに違法な恫喝行為であり警察に通報すべき)。

まるで独裁国家の秘密警察そのものだ。

このような公権力の濫用に何の疑問も抱かない日本の土人の驚異的な民度の低さ、愚劣下等さには侮蔑と嫌悪と怒りの念しか覚えない。

喫煙に厳しいとされるシンガポールでさえ、立ち止まって屋外喫煙する事は何の問題もないのである(歩きながらの喫煙は禁止)。

ヨーロッパでも屋外での喫煙を取締るような愚劣な国はない。

屋外での喫煙を取締るような人権侵害が何の疑問もなくまかり通っている愚劣下等で恥ずべきド三流国は、民度の低い幼稚で未熟なアメリカの猿真似しかできない低能な猿国家、日本だけである。

自分ひとりでは何一つ意見もない、言えない低能の分際で、アメリカの猿真似(猿真似しているつもりだが、愚劣なNipの妄想の中のアメリカに過ぎない)する時だけは異様なまでに自信満々で威張り散らす醜く愚かで恥かしい腰抜け内弁慶のニップ野郎の錯誤の数々にはきりがない。

まさに市民による正当な私的自治の原則に対する行政権力の不当介入、市民弾圧であり、公権力の濫用も甚だしい。

このような恥ずべき錯誤に日本の幼稚で愚劣で醜悪な土人どもは、いつ自覚的に自らを相対化して認識し自覚するのだろうか。

(いちいち外国から批判されないと自分達の錯誤や奇異に気づかないとは想像を絶する馬鹿の国である。日本の土人は人間というより明らかに猿に近いのではないか)

日本の土人は、民度が低く幼稚で未熟なので、近代国家を理性的、主体的に運営、発展させる能力が著しく低いのではないか。

まるで、動物園の猿でも管理するように市民を弾圧しているが、当の国民は何の疑問も感じない痛すぎる国。

法務省やアムネスティなどに自治体の横暴に対する苦情を入れよう!!

むかつくんだ、この国は。

嘲笑

0 件のコメント: